実語教(じつごきょう)を素読する

目次

  1. 実語教
  2. 書籍紹介

実語教 じつごきょう

文字の大きさ
並び
ふりがな

實語敎じつごきょう

やまたかきがゆえたっとからず。るをもったっとしとす。
ひとえたるがゆえたっとからず。るをもったっとしとす。
とみこれ一生いっしょうたからめっすればすなわともめっす。
これ萬代ばんだいたからいのちわればすなわしたがってく。
たまみがかざればひかりし。ひかりきを石瓦いしかわらとす。
ひとまなばざればし。きを愚人ぐにんとす。
くらうちざいつることり。うちさいつることし。
千兩せんりょうこがねむといえども、一日いちにちがくにはかず。
兄弟きょうだいつねわず。慈悲じひ兄弟きょうだいとす。
財物ざいもつながそんせず。才智さいち財物ざいもつとす。
四大しだい日々ひびおとろえ、心神しんじん夜々ややくらし。
いとけなきとき勤學きんがくせざれば、いてのちうらゆといえども、
なお所益しょえきることし。
かるがゆえしょんでむことなかれ。
學文がくもんおこたときなかれ。
ねむりをのぞいて通夜つうやじゅせよ。うえしのんで終日ひめもすならえ。
うといえどまなばざれば、いたずら市人いちびとむかうがごとし。
ならむといえどふくせざれば、ただとなりたからかぞうるがごとし。
君子くんし智者ちしゃし、小人しょうじん福人ふくじんあいす。
富貴ふうきいえるといえども、ざいひとためには、
なおしもしたはなごとし。
貧賤ひんせんかどずるといえども、ひとためには、
あたかも泥中でいちゅうはすごとし。
父母ふぼ天地てんちごとく、師君しくん日月じつげつごとし。
親族しんぞくたとえあしごとし。夫妻ふさいはなおかわらごとし。
父母ふぼには朝夕ちょうせきこうせよ。師君しくんには晝夜ちゅうやつかえよ。
ともまじわりてあらそことなかれ。
おのれよりあにには禮敬れいけいくし、おのれよりおとうとには愛雇あいこいたせ。
ひととしてものは、木石ぼくせきことならず。
ひととしてこうものは、畜生ちくしょうことならず。
三學さんがくともまじわらずんば、なん七學しちがくはやしあそばん。
四等しとうふねらずんば、たれ八苦はっくうみわたらん。
八正道はっしょうどうひろしといえども、十惡じゅうあくひとかず。
無爲むいみやこたのしむといえども、放逸ほういつともがらあそばず。
いたるをうやまうは父母ふぼごとし。いとけなきあいするは子弟していごとし。
われ他人たにんうやまえば、他人たにんまたわれうやまう。
おのれひとおやうやまえば、ひとまたおのおやうやまう。
おのたっせんとほっするものは、他人たにんたっせしめよ。
他人たにんうれいをては、すなわみずかともうれうべし。
他人たにんよろこびをいては、すなわみずからともよろこぶべし。
ぜんてはすみやかにおこなえ。あくてはたちまけよ。
ぜんしゅするものふくこうむる。たとえひびきおとおうずるがごとし。
あくこのものわざわいまねく。あたかもしたがうがごとし。
むといえどもまずしきをわするることなかれ。
たっとしといえどいやしきをわするることなかれ。
あるいははじめはみておわまずしく、
あるいはさきたっとのちいやし。
それならがたわすやすきは、音聲おんじょう浮才ふさい
またまなやすわすがたきは、書筆しょひつ博藝はくげい
ただしょくればほうり。またればいのちり。
なお農業のうぎょうわすれず。かなら學文がくもんはいすることなかれ。
かるがゆえ末代まつだい學者がくしゃしょあんずべし。
これ學文がくもんはじめ、おわるまで忘失ぼうしつすることなかれ。

書籍紹介

親子で読もう「実語教」 (齋藤孝 著)

山高きが故に貴からず。
樹有るを以て貴しとす。
このフレーズで始まる『実語教』は、平安時代に著された現代でいう道徳用の教科書で、著者曰く「日本人1000年の教科書」として、改めてその歴史的・教育的価値に光が当てられている。
『論語』や仏教経典などと異なり、私たちの祖先の手でつくり上げられた『実語教』は、日本における教育の歴史を貫く貴重な教材といえるだろう。

親子で読もう「実語教」

関連記事

八紘爲宇の詔(はっこういうのみことのり)を素読する

大祓詞(おおはらえのことば)を素読する

百人一首を素読する

十七条の憲法を素読する

童子教(どうじきょう)を素読する

教育勅語(きょういくちょくご)を素読する

先頭に戻る
ページの先頭に戻る