童子教(どうじきょう)を素読する

目次

  1. 童子教
  2. 書籍紹介

童子教 どうじきょう

文字の大きさ
並び
ふりがな

童子敎どうじきょう

貴人きじんまえては 顯露けんろつことを
道路どうろふてはひざまづいてぎよ ことらばうやまつてうけたまわ
りょうむねててむかつつしんで左右さゆうかえりみ
はずんばこたへず おおらばつつしんで
三寶さんぽうには三禮さんれいつく神明しんめいには再拜さいはいいた
人閒にんげんには一禮いちれい師君しくんには頂戴ちょうだいすべし
はかぐるときすなわつつしやしろぐるときすなわりよ
堂塔どうとうまえむかつて 不淨ふじょうおこなふべからず
聖敎しょうぎょううえむかつて 無禮ぶれいいたすべからず
人倫じんりんれいれば 朝廷ちょうていかならほう
ひとにしてれいもの衆中しゅちゅうまたとが
しゅまじはりて雜言ぞうごんせず ことおわらばすみやかにけよ
ことれてともたがはず 言語げんごはなるることを
ことばおおきはしなすくなし いたるいぬともゆるがごと
懈怠けたいするものしょくいそせたるさるこのみむさぼるがごと
いさめるものかならあやうことあり なつむしるがごと
にぶものまたあやまはるとりはやしあそぶがごと
ひとみみかべひそかにして讒言ざんげんすることなか
ひとてんかかかくしておかもちふることなか
くるま三寸さんずんくさびつて 千里せんりみち遊行ゆぎょう
ひと三寸さんずんしたつて 五尺ごしゃく破損はそん
くちこれわざわいかど したこれわざわい
くちをしてはなごとくならしめば おわるまでへてこと
過言かごんひとたびずれば 駟追しついしたかえさず
白圭はくけいたまみがくべし 惡言あくげんたまみががた
禍福かふくもんただひとまねところ
てんつくさいくべし みずかつくさいのががた
積善せきぜんいえには かなら餘慶よけいあり
また好惡こうあくところには かなら餘殃よおうあり
ひとにして陰德いんとくあれば かなら陽報ようほうあり
ひとにして陰行いんぎょうあれば かなら照名しょうめいあり
信力しんりき堅固けんごかどには 災禍さいかくもおこること
念力ねんりき强盛きょうせいいえには 福祐ふくゆうつきひかり
こころおなじならざるはおもてごとたとへばみずうつわしたがふがごと
他人たにんゆみかざれ 他人たにんうまらざれ
前車ぜんしゃくつがえるを後車ごしゃいましめとす
前事ぜんじわすれざるは 後事ごじとす
ぜんつてながちょうきわまて禍わざわいおお
ひとしてとどとらしてかわとど
國土こくどおさむる賢王けんおう鰥寡かんかあなどることなか
君子くんしひとめず すなわたみあだとなる
きょうつてはいましめくにつてはくに
ごうつてはごうしたがぞくつてはぞくしたが
もんつてはいみなを問へ 主人しゅじんうやまふがためなり
君所くんしょわたくしいみなふたきは尊號そんごうなり
愚者ぐしゃとおおもんぱかかならちかうれるべし
くだもちひててんうかがごとはりもちひてすにたり
神明しんめい愚人ぐにんばっころすにあららしめんがためなり
師匠ししょう弟子でしつは にくむにあらからしめんがためなり
うまれながらにしてたっとものならじゅして智德ちとく
たっとものかならまず めるものいまかならたっとからず
めるといえどこころおおきはよく これづけて貧人ひんにんとす
まずしきといえどこころほっせばれり これづけて冨人ふじんとす
弟子でしおしへざる これづけて破戒はかいとなす
弟子でし呵責かしゃくする これづけて持戒じかいとなす
しき弟子でしとどむれば 師弟してい地獄じごく
弟子でしやしなへば 師弟してい佛果ぶっかいた
おしへにしたがはざる弟子でしはや父母ふぼかえすべし
やわらかならざるものなだめんとすれば 怨敵おんできつてがいくわ
惡人あくにんしたがつてけざれば つなげるいぬはしらめぐるがごと
善人ぜんにんれてはなれざれば 大船たいせんうみかべるがごと
とも隨順ずいじゅんすれば 麻中まちゅうよもぎなおきがごと
しきとも親近しんきんすれば やぶなか荊曲けいきょくごと
はな疎師そしきて 戒定惠かいじょうえぎょうなら
根性こんじょう愚鈍ぐどんなりといへどおのづかこのめば學位がくいいた
一日いちにち一字いちじまなびて 三百六十さんびゃくろくじゅう
一字いちじ千金せんきんあた一點いってん他生たしょうたす
一日いちにちおろそかにせず いわん數年すうねん
三世さんぜちぎ一世いっせむつみ
弟子でし七尺しちしゃくつて かげむべからず
觀音かんのん師孝しこうため寶冠ほうかん彌陀みだいただ
勢至せいし親孝しんこうためこうべ父母ふぼほねいただ
寶甁ほうびん白骨はくこつおさ
あさはやきてあらこころおさめて經卷きょうかんじゅせよ
ゆふべにはおそいねるともあしそそせいしずめて義理ぎりあんぜよ
ならめどもこころにいれざれば むつごとかたるがごと
千卷せんかんめどもふくさざれば ざいくしてまちのぞむがごと
うすころもふゆかんしのびて通夜つうやじゅせよ
とぼしきしょくなつうえのぞきて終日ひねもすなら
さけえばこころ狂亂きょうらんしょくごせば學文がくもん
あたたむれば睡眠すいみんやすんずれば懈怠けたいおこ
匡衡きょうこう夜學やがくため かべうがちて月光げっこうまね
孫敎そんきょう學文がくもんため じてひとつうぜず
蘇秦そしん學文がくもんため きりももしてねむらず
俊敬しゅんきょう學文がくもんため なわくびけてねむらず
車胤しやいん夜學やがくこのんで ほたるあつめてともしびとす
宣士せんし夜學やがくこのんで ゆきみてともしびとす
休穆きゅうぼくぶんこころれて かんむりつるをらず
高鳳こうほうぶんこころれて むぎながるるをらず
劉完りゅうかんきぬながくちしょじゅしてやすまず
倪寬げいかん耕作こうさくながこしふみびててず
此等これらひとみな 晝夜ちゅうや學文がくもんこのみしに
文操ぶんそう國家こっか滿つい碩學せきがくくらいいた
たとさいみがつつるとも くちにはつね經論きょうろんじゅせよ
またゆみけずげども こしにはつね文書ぶんしょしはさみ
張儀ちょうぎ新古しんこじゅして 枯木こぼくこのみむす
龜耄きもう史記しきじゅして 古骨ここつあぶらたり
伯英はくえい九歲くさいにしてはじめに はや博士はかせくらいいた
宋吏そうし七十しちじゅうにしてはじめて がくこのんで師傳しでんのぼ
智者ちしゃ下劣げれつなりといへど高臺こうだいかくのぼ
愚者ぐしゃ高位こういなりといへど奈利ないりそこ
智者ちしゃつくつみおおいなれども地じごくちず
愚者ぐしゃつくつみちいさなれどかなら地獄じごく
愚者ぐしゃつねうれひをいだたとへば獄中ごくちゅうとらはれびとごと
智者ちしゃつね歡樂かんらくなお光音天こうおんてんごと
ちちおんやまよりたか須彌山しゅみせんなおひく
ははとくうみよりもふか滄溟海そうめいかいかえつてあさ
白骨はくこつちちいん 赤肉しゃくにくははいん
赤白しゃくびゃく諦和たいわして 五體ごたい身分しんふん
胎内たいないること十月とつき 身心しんしんつね苦勞くろう
胎外たいげうまれて數年すうねん 父母ふぼ養育よういくこうむ
ひるちちひざ摩頂まとうこうむること多年たねん
よるははふところして 乳味にゅうみついやすこと數斛すうたん
あしたには山野さんやまじはりて ひづめころして妻子さいしやしな
くれには紅海こうかいのぞみて うろこくずすなどつて身命しんめいたす
旦暮たんほいのちたすけんため日夜にちや惡業あくごうつくりて
朝夕ちょうせきあじわいたしなまんとす 多劫たこう地獄じごく
おんいただきておんらざるは とりえだらすがごと
とくこうむりてとくおもはざるは 鹿ししくさそんぜしむるがごと
酉夢ゆうむちちてば 天雷てんらい
班婦はんふははののしれば 靈蛇れいじゃいのち
郭巨かくきょははやしなはんため あなつてこがねかま
姜詩きょうし自婦じふつて みずむに庭泉ていせん
孟宗もうそう竹中ちくちゅうなげきて 深雪しんせつうちたけのこ
王祥おうしょうなげきてこおりたたけば 堅凍けんとううえうおおど
舜子しゅんし盲父もうふやしなひて 涕泣ていきゅうすれば兩眼りょうがんひら
刑渠けいきょ老母ろうばやしなひて しょくみてよはいわか
董永とうえい一身いっしんりて 孝養こうよう御器ぎょきそな
楊威よういひとりのははおもひて とらまえきてがいのが
顏烏がんうはかつちへば 烏鳥からすたりてはこうず
許牧きょぼくみづかはかつくるに 松柏しょうはくわりてはか
此等これらひとみな 父母ふぼ孝養こうよういたせば
佛神ぶっしん憐愍れいみんのぞところことごと成就じょうじゅ
生死しょうしいのち無常むじょうなり はやねがふべきは涅槃ねはんなり
煩惱ぼんのう不淨ふじょうなり すみやかもとむべきは菩提ぼだいなり
いとふてもいとふべきは娑婆しゃばなり 會者定離えしゃじょうり
おそれてもおそるべきは六道ろくどうなり 生者必滅しょうじゃひつめつかなしみ
壽命じゅみょう蜉蝣ぶゆうごとあしたうまれてゆうべ
身體しんたい芭蕉ばしょうごとかぜしたがつてやぶやす
綾羅りょうら錦繍きんしゅうまった冥途めいどたくわえにあら
黃金おうごん珠玉しゅぎょくただ一世いっせ財寶ざいほう
榮花榮耀えいがえいようさら佛道ぶつどうたすけにあら
官位かんい寵職ちょうしょくただ現世げんせ名聞みょうもん
龜鶴きかくちぎりをいた露命ろめいえざるほど
鴛鴦えんおうふすまかさぬるも 身體しんたいやぶれざるあいだ
刀利摩尼殿とうりまにでん遷化せんげ無常むじょうなげ
大梵だいぼん高臺こうだいかく火血刀かけっとうくるしみをかなしむ
須達しゅだつ十德じっとく無常むじょうとどまること
阿育あいく七寶しっぽうにても 壽命じゅみょうふに
月支がっしつきかえせしいきおいえんおう使つかひにしばらる
龍帝りゅうていりゅうぐるちから獄卒ごくそつつえたる
ひともつとほどこおこなふべし 布施ふせ菩提ぼだいかて
ひともっとざいしまざれ 財寶ざいほう菩提ぼだいさわ
ひと貧窮ひんきゅうにて 布施ふせすべきざいくんば
布施ふせするとき隨喜ずいきこころしょうずべし
こころかなしみて一人いちにんほどこ功德くどく大海だいかいごと
おのれため諸人しょにんほどこむくひをること芥子けしごと
すなあつめてとうひとはや黃金おうごんはだえみが
はなつてほとけきょうずるともがらすみやかに蓮臺れんだいはなぶさむす
一句いっく信受しんじゅちから 轉輪王てんりんおうくらいへたり
半偈はんげ聞法もんほうとく三千界さんぜんかいたからにもまされり
かみすべから佛道ぶつどうもとなかばは四恩しおんほうずべし
しもあまね六道ろくどうおよとも佛道ぶつどうじょうずべし
幼童ようどう誘引ゆういんせんがため因果いんが道理どうりちゅう
内典ないでん外典がいでんよりだす
もの誹謗ひぼうすることなかものわらひをしょうずることなかれ

書籍紹介

子どもと声に出して読みたい「童子教」 (齋藤孝 著)

江戸時代、『童子教』は『実語教』と併せて寺子屋の教科書として広く用いられた。 『実語教』が年長者への礼儀、人との付き合い方など、人間としての生き方の基本を説いているのに対して、「朝に生まれて夕に死す」等、当時の人々が影響を受けていた仏教思想が加わり、より道徳観念を深めた生き方を説いたのが『童子教』である。

子どもと声に出して読みたい「童子教」

関連記事

八紘爲宇の詔(はっこういうのみことのり)を素読する

大祓詞(おおはらえのことば)を素読する

百人一首を素読する

十七条の憲法を素読する

教育勅語(きょういくちょくご)を素読する

実語教(じつごきょう)を素読する

先頭に戻る
ページの先頭に戻る