八紘爲宇の詔(はっこういうのみことのり)を素読する

目次

  1. 八紘爲宇の詔

八紘爲宇の詔 はっこういうのみことのり

文字の大きさ
並び
ふりがな

橿原かしはら建都てんとの令ー八紘爲宇はつこういうみことのり(己未年三月七日)

あれひむがしきしよりここ六年むとせになりぬ。皇天あまつかみみいきほひかがふりて、凶徒あだども就戮ころされぬ。邊土ほとりのくにいましづまらず、のこりのわざわひなほこはしといへども、中洲之地なかつくにまた風鏖さわぎし。まことよろしく皇都みやこひらきひろめ、大壯みあらか規摸はかりつくるべし。しかしていまときわかくくらきひ、民心おほみたからのこころ朴素すなほなり。あな習俗しわざつねとなれり。大人ひじりのりつ。ことわりかならときしたがふ。いやしくもおおみたからくぼさらば、なむ聖造ひじりのわざたがはむ。またまさ山林やまひらはらひ、宮室おほみや經營をさめつくりて、つつしみて寶位たかみくらゐのぞみ、元元おおみたからしづむべし。かみすなは乾靈あまつかみくにさずけたまふうつくしびこたへ、しもすなは皇孫すめみまただしきやしなひたまふみこころひろめむ。しかしてのち六合くにのうちねてみやこひらき、八紘あめのしたおほひていへむことまたからずや。畝傍山うねびやま東南たつみのすみ橿原かしはらところれば、けだくに墺區もなかか。みやこつくるべし。

※摹 → 摸

関連記事

大祓詞(おおはらえのことば)を素読する

百人一首を素読する

十七条の憲法を素読する

童子教(どうじきょう)を素読する

教育勅語(きょういくちょくご)を素読する

実語教(じつごきょう)を素読する

先頭に戻る
ページの先頭に戻る